窓の外のざわめきが段々はっきりしてくる。
窓から差し込む太陽は昼間の明るさだった。
「まだ寝ているの?」
返事も待たずにドアが開き、入ってきたのは・・・
  新規登場人物 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ BranchTime本館はこちら  
311 / 327 ←次へ | 前へ→

警察官だ。
 A  - 09/10/5(月) 15:30 -

引用なし
パスワード
   警察庁特殊犯罪対策室に勤務する警部補。
そう・・・そうだ。
俺は重要参考人に任意同行を求めて、本庁に帰る為に車の鍵を・・・そこから記憶がない。
俺にそっくりな男は口を開いた。
「俺は・・・鈴木健一。警察庁の特殊犯罪対策室の警部補。ふふふ・・・」
「なっ・・・・貴様、何者・・・・も・・の?何だこの声!?」
俺の声ではない?
「あっはっは!そこの鏡を見てみたらどうだ?」
「なっ!!?」
ベッドの上で半身を起こして鏡に向いている人物。それは俺ではない。
俺が任意同行を求めた人物。
それは・・・

1,175 hits

俺? A 09/10/5(月) 15:23
  警察官だ。 A 09/10/5(月) 15:30
  カルト集団の代表の女。 A 09/10/5(月) 15:48
  変死した大物国会議員の娘。 A 09/10/12(月) 15:10
  ヤク中のイカれた女。 @@@@@ 09/10/26(月) 18:01
   先輩刑事の名を呼んだ katabami 12/12/9(日) 3:59
  うだつのあがらないサラリーマン。 ハムスター再び 09/12/24(木) 13:18
   昨晩の事を思い出し始めていた。 null 10/4/2(金) 14:20

  新規登場人物 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ BranchTime本館はこちら  
311 / 327 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
100680
(SS)C-BOARD v3.3.10 is Free.
このリレー小説はTiraさんのブログでのちょっとした話題で設置したお試し的なものです。 運営管理等は手が回らないと思いますのでお遊び程度に。SPAMとかで荒れ始めたら消すかもしれませんがあしからず・・・ ※また海外のBBSスパマーにリスティングされたようですので、2/22より一時書込み禁止中。2/25再開 3/6スパム投稿から禁止語句を登録しまくっているので投稿蹴られる事も在るかも知れませんがご了承ください。